便秘で悩んでいるあなたはもしかして、風邪をひきやすかったり、病気にかかりやすかったり、怪我をしてもキズの治りが遅い気がする・・・そんな自覚症状があるのではないですか?

便秘になりやすい、あるいは病気になりやすい、つまり”免疫力が低下した状態”というのは実は「腸の異常」ということなのです。


腸には、体全体の免疫細胞の実に60%が集まっています。


腸が健康を害している状態だと、体の免疫力がなくなっているために、毎年冬になるとすぐに風邪をひいたりインフルエンザにかかったりしやすくなります。



便秘も同様です。

腸が正常ではないということは、正しい便は作ることができませんし、便を押し出すぜん動運動も行うことができません。



便秘解消には、水をたくさん飲み食物繊維をたくさん摂りましょう、というのは良く聞きますが、水や食物繊維を意識して取らなくても、腸が正常に動いていれば通常の食事をしているだけで便秘にはなりません。


水や食物繊維はあくまでも”付加価値的”な要素であり、水や食物繊維を材料として正常な便を作り、ぜん動運動を起こして便を排出しているのは、ほかならぬ「腸」です。


腸が健康で、正しい働きができる状態にすることが最も大切な事なんです。



”腸内環境を正常にする”という言葉を聞いたことがあると思います。

これは、腸内に存在する善玉菌と悪玉菌のバランスを、善玉菌が多めの状態に保つということです。

その比率ですが、「善玉菌7 悪玉菌3」 くらいが最も腸が正常に働くそうです。



善玉菌の好物は炭水化物、悪玉菌の好物はたんぱく質です。

肉食ばかりを好んで食べれば、たんぱく質大好きの悪玉菌が腸内で増殖します。
悪玉菌は発酵することで、体に有害な物質をたくさん出します。

有害物質は腸の動きを鈍らせ、腸の正常な働きを阻害するため、便秘になりやすいのです。


逆に善玉菌は腸内で発酵するとき、ビタミン類を作り出すために肌ツヤがよくなり、また免疫システムを刺激するために病気にかかりにくい体を作り出します。

もちろん、腸を活発に刺激するために便秘にもなりにくい状態が作られます。



腸の不健康はつまり免疫力の低下であり、便秘という現象は、数ある”腸の免疫力低下現象”のひとつであるに過ぎないのです。


腸を健康な状態にするだけで、便秘の解消はもちろんのこと、体全体のシステムが良いスパイラルで動き始めることになります。