便秘の解消に、市販のオリゴ糖を選ぶ人も多いでしょう。


だた、注意しなければならないのは、「オリゴ糖」と表記されている物のほとんどは、ほんのわずかなオリゴ糖が含まれているだけで、他の成分はほとんど砂糖なんです。



砂糖が主成分の自称「オリゴ糖」は市販のものに多い


本来、オリゴ糖は単糖が複数結びついた多糖であり、難消化性です。

そのため小腸では吸収されず、大腸まで届いてビフィズス菌などの善玉菌のエサになります。



しかし砂糖はとても消化が良い自然食品で、小腸であっという間に吸収されてしまいます。

そうなると何が起きるかというと、血糖値スパイクが起きます。



血糖値スパイクを繰り返す事で肥満になりやすくなり、また糖尿病を誘発しやすくなります。


「オリゴ糖」と書かれているから整腸作用があると思って多量に摂取すると、血糖値スパイクを頻発することとなり、やがて糖尿病に発展する危険性があるのです。


便秘の解消に良かれと「オリゴ糖」というラベルだけで市販のものを購入する事は、とても危険な行為だと思ってください。




カイテキオリゴが安心の理由


残念ながら、スーパーに置いてあるものは100%に近い確率で、「オリゴ糖」とは名ばかりの、砂糖を主成分としたものばかりです。

甘味料として、調理やコーヒーに入れるために少量使うには問題ないと思われますので、割り切って使う分には問題ありません。

が、整腸作用を期待して、多量に使用することは絶対にやめておきましょう。




本物のオリゴ糖はスーパーなどではまず見かけた事がありません。

では、本当のオリゴ糖はどのようなもので見分け方は?


本物のオリゴ糖は、甘味は砂糖の1/3〜1/4程度のほんのりとした甘みで、粒状のものとなります。

また、原材料を見るとわかりますが、スーパーに置いてあるものはオリゴ糖類がほとんど含まれておらず、砂糖が主成分なので、たとえ「オリゴ糖」とラベルに書いてあっても購入すべきではないでしょう。

(甘味料として利用するだけなら問題ありませんが、便秘解消の目的には適しません)



また、第三機関からの承認を受けていないものは、信用できないと思われます。

その点では、カイテキオリゴという商品はオリゴ糖製品としては信頼のある製品と言えます。

(カイテキオリゴは、NPO法人日本サプリメント評議会の承認あり。また、放射性物質含有量の基準値クリアも第三機関からの検査済。)



カイテキオリゴの原材料は、

ラフィノース、ミルクオリゴ糖、乳糖、環状オリゴ糖(シクロデキストリン)、フラクトオリゴ糖、イソマルトオリゴ糖(他:アカシア食物繊維、難消化性デキストリン、ショ糖)


となっています。


難消化性のオリゴ糖類を多量に含んでいるため、大腸まで届いて確実にビフィズス菌のエサとなります。
カロリーもかなり低いですね。

自然食品なので、子供や赤ちゃんの便秘から、お年寄りの便秘まで幅広く応用できるのが良い所でしょう。



難点は、価格が高い事でしょうか。

研究費などがかさむため、この価格になるのでしょうが、販売されてから年数が経っているので多少は安くなっても良いと思うのですが、発売当初と同じ値段なのが残念なところですね。


また、多量に摂取するとおなかがゆるくなる事があるので、注意が必要です。

いっぺんに多量に摂ると、体調を崩す可能性があります。

最初は少量ずつでいいので、毎日摂取することだけを目標にしておいたほうがいいでしょう。



とはいえ、本物のオリゴ糖を手に入れて便秘の解消に役立つのであれば、ちょっとお高いランチを一回キャンセルする値段で済むだけ、ともいえますね。






















.