便秘に効果がある食べ物で思い出すのは、おそらく食物繊維だと思います。

が、便秘という症状(病気ではないので症状とします)は、単に食物繊維が足りない云々だけではなく、腸内の健康が深く関係しているのです。


とはいえ、やはり便秘に悩んでいる人にすれば、できれば効果がある食べ物を知りたいところですよね。

ということで、便秘に効果がある食べ物を紹介していきましょう。


バナナ


バナナ 便秘.jpg

バナナには、100gあたり1gの食物繊維(主に不溶性食物繊維)が含まれていますが、それ以上にバナナが便秘に効果があると言われるのは、オリゴ糖が多く含まれているからなんです。

オリゴ糖は、腸内の善玉菌であるビフィズス菌のエサになるため、腸内環境を善玉菌優位の状態に近づけてくれます。


善玉菌が質の良い便を作りだしてくれるので、便秘解消の助けになるでしょう。

おすすめの食べ方は、ヨーグルトとバナナを一緒に食べる事。


ヨーグルトのビフィズス菌はほとんどが胃酸で死滅しますが、その死骸は便を作るのに役立ちますし、なによりバナナとヨーグルトの組み合わせは美味しいですから、毎日続けられますよ。





ペパーミント


ペパーミント 効果.jpg


ペパーミントに含まれるメンソールは、腸の筋肉をリラックスさせる効果があります。

とはいえ、香りを嗅ぐだけではあまり効果がないので、ペパーミントティーなどで体内に入れる事が必要。

暖かいペパーミントティーで、腸をリラックスさせてあげましょう。



オリーブオイル(エキストラバージン)


オリーブオイル オレイン酸.jpg


オリーブオイルに含まれるオレイン酸は、主に小腸にとどまって消化を助け、質の良い便をつくる働きをしてくれます。

ただし、オリーブオイルなら何でも良いわけではなく、必ず『エキストラバージンオリーブオイル』を選んでください。


様々な料理にかけて、積極的に摂ってみましょう。

ちなみに、エキストラバージンオリーブオイルをいろんな料理に直接かけて食べるのが好きな人(速水もこみちみたいな?)も多いですが、こういう人達のほとんどは便秘に苦労していないそうですよ。



[番外編] 図書館へ行く


便秘 図書館.jpg


あなたも聞いたことがあると思いますが、図書館に行くとなぜか大の方をもよおす、という人が多いという事実があります。

これは、本に使われる紙のニオイが関係していると言われていますが、はっきりとした科学的根拠はないようですね。


でも、図書館の紙の香りが便意をもよおす経験をした人があまりにも多いため、ためしに図書館で2時間くらい本を読んでみるのも手かもしれません。