便秘が長引くと、肌荒れがひどくなるという話も聞いたことがあると思います。


便秘で腸内に便が長い期間溜まった状態が続くと、腸内では善玉菌が減り、悪玉菌が勢力を増します


悪玉菌(大腸菌やウェルシュ菌など)は、有害物質や有害なガスを出しますから、腸内で増えた有害物質は腸壁や血液を通じて全身を巡る事になります。



有害物質が増えると、自律神経(副交感神経)の働きがにぶり、肌の免疫機能は低下します。


そのため、肌のターンオーバー(細胞の生まれ変わりサイクル)機能も弱くなり、古い角質がいつまでもはがれ落ちずに残るようになるため、肌が荒れたり乾燥したりします。



また、全身に有害物質が増加すると、肝臓がそれに対処して有害物質を排除しようと負担を強いられます。

そのため、肝臓はきれいなサラサラの血液を作ることがおろそかになり、結果ドロドロのきれいでない血液が作られ続ける事になります。

汚れたドロドロ血は、本来の働きはできません。

当然、肌へもドロドロ血が運ばれるため、肌は免疫機能を大きく失うことになります



そしてもうひとつ。


肌は本来の健康な状態であれば、肌表面に適度に脂分を与えることで肌の水分の蒸発を抑えたり、空気中の雑菌やウィルスから肌を守る役割をしています。


しかし自律神経の調整がうまくいかず、免疫機能の弱った肌は、適度な脂分を肌表面にうっすらと作る事ができなくなってしまいます。


そうなると、普段なら何でもない、ちょっとした雑菌やウィルスの影響を受けて肌が荒れてしまったり、脂分のない肌は直接外気に触れているため、少しの刺激でかゆみを発生したりします。


いわゆる、乾燥肌となってしまい、肌荒れが起きるのです



ところが逆に、自律神経がうまく作用していない状態の時には、カサカサ肌が続くとそれに対処しようと適度にではなく、過剰に脂分を出してしまう場合もあります


すると余分な脂分が毛穴に詰まってしまい、結果的にニキビや吹き出物などの原因となるのです。


自律神経がまともに働いてないため、肌が乾燥したり脂性になったりを繰り返すこともあります。

肌荒れ → ニキビ → 肌荒れ → ニキビ ・・・

こんな繰り返しをしてしまう場合だってあり得るのです。



わかりやすく言えば、便秘と肌荒れの関係というのは、



便秘状態で悪玉菌が増え、体中の細胞に有害な毒素が増える
   ↓
体内をキレイにするため、肝臓が毒素のろ過に機能を集中する
   ↓
キレイな血液を作り出す機能がおろそかになる
   ↓
ドロドロ血が体内を巡る、当然、肌へもドロドロ血が
   ↓
肌は正常な機能を失う
   ↓
肌荒れ、乾燥肌、ニキビ肌へ



このような流れが作られるからなんです。

肌荒れを起こすほど便秘を長引かせない事が大切です。

そのためにも、便秘になってしまったかなと思ったら、まずは悪玉菌から出る毒素を抑える事が必至となります。



悪玉菌を減らす食品は、納豆です。

納豆菌は、悪玉菌を減らしてくれます

納豆が苦手な人は、善玉菌の良質なエサであるカイテキオリゴ
を与えて善玉菌を増やすようにしてください。


善玉菌が増えれば、悪玉菌は徐々に減っていきます。

有害な毒素を出すのは悪玉菌だけですから、善玉菌を増やすことに集中しましょう。