便秘・・・特に何年にも渡って、頑固な便秘に悩まされている方の多くが、「自分は野菜不足」だと感じているのではありませんか?

確かに野菜(キャベツや白菜など)の食物繊維は不溶性食物繊維といって、便のカサを増すためには絶対に必要ですし、不溶性食物繊維は体積を増すため、腸内の掃除をしてくれるわけです。


しかし、野菜の不溶性食物繊維だけを意識していると、便秘が悪化する場合があります。


それは、不溶性食物繊維(セルロース)を含む便の元が、腸内で詰まってしまうからです。

食物繊維が腸内につまる


便の元を腸内でスムーズに移動させるためには、水溶性食物繊維が必要となります。

水溶性食物繊維が、便の元と腸壁との間に入り込んで潤滑油の役目を果たし、そのおかげで便の元が腸内をスムーズに移動できるのです。

食物繊維が腸内をスムーズに移動


ところが問題があります。

不溶性食物繊維に比べて、水溶性食物繊維は摂取しにくいのです。



キャベツやレタスが食べられないという人はほとんどいないと思いますが、水溶性食物繊維は納豆やオクラ、山芋などのネバネバ物質ですから、苦手な人も多いわけです。


長年の便秘に悩んでいる人のなかには、こういった水溶性食物繊維の多い食品が苦手な人も多いのではないでしょうか。


しかし、潤滑油の役目をする水溶性食物繊維が摂れないと、不溶性ばかりでは腸内で詰まるだけで、便秘はいつまで経っても改善しません。