妊婦さん、特に妊娠初期には、便秘に悩む人が増えます

お腹には赤ちゃんがいるのに、自分が急に便秘になってしまうとやっぱり焦りますよね?


そんな妊婦さんの便秘解消法には、オリゴ糖を摂取するのがおすすめなのですが、その理由はもちろん、オリゴ糖以外の便秘解消法もご紹介します。


妊婦 便秘 おすすめ オリゴ糖.jpg


妊婦さんが便秘になりやすいのには理由がある


そもそも妊娠すると、なぜ便秘になりやすいのかでしょう?

理由は、女性ホルモンの一つ「黄体ホルモン(プロゲステロン)」の存在。

黄体ホルモンは、子宮内膜を厚く柔軟性を持たせて赤ちゃんを迎える準備をするわけですが、それだけではありません。



母体に栄養と水分をため込む性質があります。

しかもやっかいなことに、腸のぜん動運動を抑え込んでしまうのです。



栄養と水分をため込むために・・・


”水を飲んでも、便秘を解消する事には直接はつながりませんよ”で書いた通り、水分はほとんどが小腸で吸収されてしまいます。

残った水分は、便を柔らかくするために大腸に送られるわけです。


が、

黄体ホルモンは体に水分をため込むために、大腸壁からも水分を奪ってしまうんです。


便を柔らかくするのに必要だった貴重な水分を奪われると、便は硬くなってしまいます。


追い打ちするように、黄体ホルモンが腸のぜん動運動まで抑えんでしまう性質があるため、特に妊娠初期に著しい便秘症状が現れるというわけです。




薬を飲むのはなるべく止めたい


便秘薬 妊娠中.jpg


ですよね。

赤ちゃんの事を考えれば便秘薬は飲みたくないし、実際、赤ちゃんの成長に影響を与えてしまう便秘薬は存在します

モビコール配合内服薬や酸化マグネシウムのような、赤ちゃんに影響を与えないものならいいのですが、市販の物には妊婦さんには危険な成分が入っているものもあるそうですよ。

どうしても利用したい場合は、産科医に必ず相談する事が大切です。



腸内のビフィズス菌にがんばってもらいましょう


ビフィズス菌 便秘.jpg


やはり、妊婦さんの便秘には腸内のビフィズス菌を活発にする方法が最も適しているといえるでしょう。

となると、ヨーグルトなどの発酵食品がいいのでは?と思うかもしれません。


しかし、ヨーグルトなどに含まれるビフィズス菌は胃酸に弱く、99%以上が胃酸でやられちゃいます。

まあ、ビフィズス菌の死骸も、便を形成するという意味では役立つので無意味ではないのですが、腸の働きを活発にするにはやはり生きたビフィズス菌が必要です。

それにヨーグルトは、わずかなビフィズス菌を摂るために大量のカロリーも取ることになりますから、妊娠して太った?って言われるのもなんだか違いますよね。



ビフィズス菌よりオリゴ糖を摂取したほうが良い理由


オリゴ糖 便秘 妊娠.jpg


ビフィズス菌を直接口から入れても、途中には胃酸という強力な酸が待っているので、ほとんど腸まで届きません。

胃酸は強力で、インフルエンザウイルスだって胃酸で秒殺されるくらいですから、ビフィズス菌などイチコロです。



じゃあどうすればいいかというと、

今現在腸内に住んでいるビフィズス菌を活発にするための「エサ」をまけばいいのです。


オリゴ糖はビフィズス菌が最も好むエサですから、これを腸にいるビフィズス菌に与え、活動を活発化させて

腸内で勝手にビフィズス菌が増殖

するようにしちゃえばいいんです。




オリゴ糖は胃酸で分解されずにそのまま腸に届いちゃいますし、カイテキオリゴならカロリーも抑えられるので、体重を気にする方にも手軽に利用できますよ。



その他妊婦さんの便秘を解消する方法


妊婦さんの便秘解消法は、カイテキオリゴ でビフィズス菌を活発にして便秘を解消する事だけじゃありません。

ほかにも、





・水分は多めにとる

・運動不足になっているのでウォーキング程度の軽い運動は行う

・不溶性と水溶性の食物繊維をバランス良く摂取する


妊娠したら、このような意識を少し強めに持っておくほうが良いでしょう。

元気な赤ちゃんは、身も心も元気な母親から生まれてくるのですから





















.